2016年6月24日金曜日

6/18 ナンヤローネ アートツアー6月号 岐阜県青少年美展 青年の部


  6月18日(土)『ナンヤローネ アートツアー6月号』を行いました。ナンヤローネのコンセプトに基づいて4月から新しく行っている鑑賞ツアーもこれで第3回目。毎回、全く新しい鑑賞法『Such Such Such』用してツアーを開発しています。
  今回のアートツアー『Such Such Such』の応用バージョンで「岐阜県青少年美術展 青年の部」作品を取り上げました。『Such Such Such』では、いつもは、作品を見ながら作品の前に置いてあるコネクターを選ぶのですが、今回は逆。コネクターを先に選んで後から作品を選ぶというものです。
 今回も親子から一般の方、高校生まで、参加者はバラエティーに富んでます。25人ほど集まったメンバーをグループ分け!今回は、いろいろな世代の集まった5つのグループにわかれました。
駆けつけた日比野館長も声をかけてくれて、いよいよ出発‼︎

 まずは好みのコネクターを選びます‼︎ 
 そして、それを選んだ理由を交流。「え、なんでそんなの選んだの…」その理由を聞くと、その人の個性が少しずつ見えてくる…。そんな気がしてきて、初対面のグループも少し打ち解けます。
 次に自分の選んだコネクターに合う作品があるのか?会場内の作品を見て回ります。今までとは絵の見方が変わってきます。普段なら、「へー、これが優秀作品ねとなるところですが、今回はそこに目がいく余裕はありません。それぞれ自分が選んだコネクターに合う作品を探すのに必死。コネクターを絵の前でかざしては、合うかどうかを確かめています。

 グループで鑑賞した後、もう一度じっくりと個人で会場内を廻ります。自分のコネクターに合う作品を決めるためです。


自分のコネクターに合う作品を見つけた人から集まってきます。全員集まったところで交流。



ある女の子は、細く街を描いた油絵の前で切符を見せながら、駅があって電車が走ってそう…と作品を選んだ理由を話してくれました。
 また違うある子は、緑色した恐竜のフィギュアが、植物の絵の緑とマッチすることを発見。
 大人の方は、自分が選んだクワガタ虫の模型が書道の漢字の世界に入っても違和感ないと、書の作品の前でかざしてくれました。確かに…違和感なかったです。
 それぞれのグループで作品の見方の新しい発見があり、作品を引き立たせてくれていました。コネクターを使った作品を選ぶのに年齢差はなく、むしろ子供の方が斬新な考え方をして、大人をタジタジさせることも。
 そして、自ずと、自分が選んだコネクター、それに合う作品はどこかでその人の色や個性を反映させているようです。
 昔ながらの路地の写真を選んだ高校生男子の手にしたコネクターは、古い腕時計。絵の前にかざすと、確かに褐色の色調まで一緒で、その子はそういう懐古調の雰囲気が好きなんだなと察します。
 また、一方で、そうやって作品を巡っているうちにいろんな会話も自然に生まれてきます。小学生の親子、そして高校生の男子、あまり接点のない世代ですが、アートツアーの中で活動しているうちに、次第に打ち解けていました。男の子の将来の相談に乗っていたりして…アートを中心に様々な人がコミュニケーションする姿がありました
 次回は6月25日(土)「岐阜県青少年美術展 小年の部を対象に行います。どの世代の方でも参加できますので、ぜひ美術館にお越しください。

hayashi










0 件のコメント:

コメントを投稿