2016年2月9日火曜日

第8回円空大賞展ブログ (4)

円空大賞展で初公開 ノロ燐 新作《深海宮『胎児の夢』壇》





















小さな扉がたくさんついた祭壇から湧き上がる命の形。
円空賞作家ノロ燐がこれまでの集大成と位置付ける新作。
ノロ先生が来館され、美術館で仕上げをしました。
岐阜県美術館でしか見ることができません。ぜひご来館を!

闇に浮かび上がる蚊帳絵
《麻の蚊帳絵》は女性の深い情念世界を表した作品、
暗闇に鬼神お松が浮かび上がります。
背筋がゾクゾクしますよ。




 「ノロ燐の作品をめぐる舞踏」
2月11日(木・祝)
世界で活躍する舞踏家の工藤丈輝がノロ燐の作品とコラボレーション、共鳴か、不協和音を奏でるか、想像を絶する場面をぜひ、展示会場ノロ燐空間にて。

第1景「衃胤(はいいん)」 
 14:00~14:30
第2景「陽根譚(ようこんたん)」
  16:00~16:30










担当 S

0 件のコメント:

コメントを投稿