2016年1月22日金曜日

第8回円空大賞展ブログ (1)

 岐阜県と県美術館が協力してお届けしている「円空大賞展」
今回で8回目となりました。

会期は2月5日から3月14日です。

 さて、今回の受賞者はすでに知事記者会見で発表しましたが、チェックしていない方は、ぜひ以下URLをご覧ください。



岐阜県美術館前庭に「霧の彫刻」が出現します!


第8回円空大賞を受賞したのは、霧の彫刻家の中谷芙二子。
岐阜県美術館前庭では、すでに「霧の彫刻」の制作がはじまっています。


前庭に突然あらわれた小屋。





















詳しくお伝えできないのは残念ですが、中谷芙二子の事務所から届いた装置が入ります。

さらに美術館を移動して、樹木の伐採現場へとやってきました。












大きな倒木です。これから、どのように生まれ変わるのでしょうか。

 今、中谷先生は円空になったつもりで制作をされています。
「ぜひ、霧の中に入って五感を働かせて自然と対話してほしいですね。自然との新しい関係が生まれますよ。」
公開制作は1月30日までの予定です。
続きは、ぜひご自身の目で確認していただければと思います。




担当 F.N

0 件のコメント:

コメントを投稿