2015年4月12日日曜日


現在好評開催中の「てくてく現代美術世界一周」展、5月17日までですが、新しくイベントを追加します。ぜひご参加ください。

まず4月28日(火)14時から、「てくてく現代美術世界一周」展に関連したトークイベントが行われます。日比野克彦新館長をはじめ、各地で地域と密接に関わるアートイベントを展開してきた4名の方々によって、美術館の外や地域に出ていく表現活動について語っていただきます。






































もう一つは5月の映画イベントです。





































「てくてく現代美術世界一周」展の出品者である田口弘氏は実業家でありながら、キース・へリングとの出会いをきっかけに現代美術コレクションを増やしてきました。「てくてく現代美術世界一周」展はそのタグチヒロシアートコレクションから約70点を厳選しています。
一方で、「ハーブ&ドロシー」シリーズは、郵便局員として勤めながら少しずつ現代美術作品のコレクションを増やしていった老夫婦の物語。

どちらも現代美術作品の収集という点で一致し、我々にアートと人々との関わりについて深い示唆を与えてくれます。

0 件のコメント:

コメントを投稿