2014年11月24日月曜日

現代日本画展関連ワークショップ 「日本画家・神戸智行と長良川の川原を語る・歩く・描く」

展覧会関連イベント第1弾として、岐阜市ご出身で本店出品作家の神戸智行先生によるワークショップが11月2日に行われました。
今回のワークショップは長良川おんぱく2014のプログラムの1つです。
主催は岐阜バス、共催におんぱく事務局、そこに関連ワークショップという形で岐阜県美術館も参加しています。
ワークショップのタイトルは「日本画家・神戸智行と長良川の川原を語る・歩く・描く」
タイトルの通り、神戸智行先生と長良川を語って、歩いて、絵を制作するというものです。

はじめに「語る」
「語る」は展示作品の前で神戸先生ご本人によるギャラリートークです。
トークでは作品に関する先生の思い出やテーマ等、たっぷりと聞くことができました。



















次に「歩く」
「歩く」は今回の出品作《僕のいる場所》の題材になっている長良川を歩きます。
長良川まで路線バスを貸切り、遠足気分で出発です。
車中では先生から岐阜いちごの飴を差し入れていただき、とても楽しい時間でした。












 

長良川に到着!
みなさん、真剣に水面や石、植物を見つめスケッチなどしていました。

 
 
そして「描く」
神戸先生から「日本画」について顔料となる鉱物や膠、金箔に触れながら説明を聞き、絵の具の使い方を学びます。















 

いよいよ本番、絵を描いていきます。




 
 
 
神戸先生に指導を受けながら、思い思いの「長良川」の絵を完成させました。
 


















最後に記念写真を!
みなさんにっこり、いい笑顔ですね!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 

参加者の方々が描いた作品は、先生の作品とともに展示室に飾られています。
展示作業は閉館後も残ることの出来た参加者と先生、当館職員で行いました。
 
「今をいろどる~現代日本画の世界」展は12月14日までです。
是非、岐阜県美術館でしか見ることのできない長良川の風景をご覧下さい。
 
 
次回、関連ワークショップは長谷川喜久先生による「椿を古墨と朱で描く」(※申し込みはしゅうりょうしました。)です。
 
(c.s)

0 件のコメント:

コメントを投稿