2014年10月28日火曜日

タグチヒロシ・アートコレクション パラダイムシフト てくてく現代美術世界一周

来年2月3日より開催されます企画展「タグチヒロシ・アートコレクション パラダイムシフト てくてく現代美術世界一周」の出品作家・作品をご紹介いたします。

ジャナイナ・チェッペ《プリマヴェーラ》2006年




© Janaina Tschäpe, courtesy of nichido contemporary art 




ジャナイナ・チェッペの絵画は、明瞭な色面を幾重にも重ね描きして、その上に模様となる部分を加えながら、先に描いた箇所を部分的に覆いつつ次第に統合していくという制作プロセスを取っています。加えて本作は、紙に水彩絵具で描かれているので、にじみや垂れ、紙の波うちなども作品の印象をつくり上げています。鮮やかな色の光が、画面の向こうからやってくるようです。 
タイトルの「プリマヴェーラ」はイタリア語で「春」を意味し、ルネサンス期の画家ボッティチェッリの作品を思い出させます。その絵の中で春の女神プリマヴェーラは花びらをまき散らしています。 
年が変わって新たな生命が活動し始める頃、この作品を体験していただけます。
(西山恒彦) 

平成26年度企画展
タグチヒロシ・アートコレクション パラダイムシフト てくてく現代美術世界一周 

会期:平成27年2月3日(火)~5月17日(日)

0 件のコメント:

コメントを投稿