2013年6月12日水曜日

藤田さんの出品作品について


 岐阜県美術館で「野焼き」というわけにはいきませんが、藤田昭子さんと言えば、やっぱり屋外での展示作品も見たいですね。
 というわけで下の写真のような作品を2、3点出品していただけそうです。 
 「作品を解体する前に番号をふって、
                                                 それから展示には二日間くらいあればいいかしら。」
助手の方2名と一緒に、展示指導をしていただくことになりました。

 これは「牀坐」シリーズの中でも小さめの作品です。室内には、このほかに「遊園」シリーズや「大地をけずる」シリーズを展示することになりました。素焼きのみで仕上げた土のあたたかい肌合いが特徴です。


 ブラジルやオーストラリアなど、その地に育まれる文化を大切にし、人々とつながり、自然への畏敬の念をもって、その地に作品を捧げようとしてきた藤田昭子さん。
 















その業績が少しでも伝わるように、写真パネルだけでなく映像による紹介も予定していますので、お楽しみに。  (古川) 











0 件のコメント:

コメントを投稿